医療レーザー脱毛の痛みはどれくらい

医療レーザー脱毛は痛みの強い脱毛方法としても有名です。
医療レーザー脱毛では高出力なレーザーを照射しているので永久減耗が可能です。
その代わりに痛みが強い欠点がありますが、痛みは照射しているレーザーによっても異なります。
一般的によく照射されているのがアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。
このうちアレキサンドライトレーザーの方が痛みが強いと言われています。
ダイオードレーザーは冷却装置が付いているので冷やすことで痛みを和らげることが可能です。
さらにむだ毛や痛みの程度に合わせて幅広く出力調整ができると言った利点があります。

日焼けしていると痛みが強く

アレキサンドライトレーザーは日焼けしてお肌が黒くなっていると痛みが強くなる性質があります。
多少の日焼けなら大丈夫ですが、黒々と日焼けしていると火傷のリスクも高まってしまいます。
アレキサンドライトレーザーよりもダイオードレーザーの方が日焼けしたお肌でも施術しやすいです。
痛みの感じ方は人によって異なりますが輪ゴムを弾いてお肌に当てた程度です。

麻酔で軽減できる

どうしても痛みに我慢できないと言う場合は希望すると麻酔をかけて貰えます。
麻酔をかければ痛みが和らぎますので安心です。
お肌に塗るタイプの麻酔クリームなら注射しませんので注射時の痛みも気にしなくて済みます。
麻酔成分にアレルギーを持っていると使用ができませんので心配な方はカウンセリング時に相談してみて下さい。
笑気麻酔なら亜酸化窒素と酸素を使用した麻酔なので副作用のリスクが殆ど無いです。
笑気麻酔後はリラックスした状態になりますので、レーザーの照射が怖い方でも安心です。